未分類

郷土料理 ~岩手編~

投稿日:2018年6月21日 更新日:

盛岡冷麺

まず代表的な料理が盛岡冷麺

そば粉とでんぷんを使った麺に冷たいスープを加え、

ゆで卵、キュウリの酢漬け、牛チャーシュー、キムチ、ネギ、ゴマなどの具材をのせた麺料理です。

 

わんこそばじゃじゃ麺と並んで「盛岡の三大麺」とされています。

 

韓国の冷麺から生まれた盛岡冷麺の特徴は、ジャガイモのでんぷんを使って固めたコシの強い麺で、

ここにさっぱりとした牛骨スープを注いでいただきます。

 

トッピングはキムチや季節のフルーツですが、

キムチは大根のキムチ「カクテキ」を添えるのが人気のようです。

 

ひっつみ

岩手県内各地で食べられている郷土食「ひっつみ」

 

岩手や青森の南部に伝わる具だくさんの汁で、

小麦粉の生地を引っ張ってちぎることからひっつみと呼ばれます。

 

小麦粉を水でこねた生地を薄くのばして手でちぎり、醤油で味を整えただし汁に入れて煮込んだものです。

 

なめらかでモチモチとした食感と素朴な味わいが楽しめます。

 

家庭料理なので家にあるもので気軽に作れますが、具材はニンジン、ゴボウ、大根、ネギなど様々です。

 

地方や家庭によっては、川カニやアユ、鶏肉、小豆、カボチャなどを入れることもあります。

具だくさんの体の芯まで温まる鍋です。

 

名前の由来は「手で引きちぎる」を意味する岩手の方言で、

地域によっては「とってなげ」や「つめり」などとも呼ばれています。

 

南部せんべい

「南部せんべい」は、岩手県では二戸や盛岡などの地域で生まれた食べ物で、

450年以上も前から食べられていたとも言われています。

 

材料を混ぜて練った生地を、丸い鋳型で焼いた軽い食感が特徴で、

縁に「みみ」と呼ばれる薄くカリッとした部分があるのが特徴です。

 

南部せんべいには「白せんべい」の他に「ゴマせんべい」や「まめせんべい」があり、いろいろな食べ方があります。

 

そのまま食べるだけでなく、パリパリと手で割って、

醤油や塩で味付けしたのスープに入れて食べたりします。

 

また他にも、炊き立てのお赤飯を南部せんべいで挟んだ「こびりっこ」や、

白せんべいの上にトマトソースやチーズをのせて焼いた「ピザ」、

小麦粉の衣をつけて揚げる「天ぷら」などの新しい食べ方も生まれています。

-未分類

執筆者:

関連記事

郷土料理 ~福岡編~

~がめ煮~ 「がめ煮」は鶏肉、大根、里芋、人参、ごぼう、れんこん、干ししいたけ、たけのこ、こんにゃくなどしょう油で一気に炊き込む、福岡県ほぼ全域に伝わる郷土料理です。   正月やお祭り、結婚 …

冷え性の方の食事について

「手や足がいつも冷たい、、」 「肩や首が凝ってつらい、、」 その他にも、胃もたれをしやすかったり、疲れやすかったりと 冷え性の症状は様々です。   適度な運動をしたり、湯船にゆっくりつかって …

理想の朝食

~管理栄養士のひとりごと~ 私たちの身の回りは様々な料理の本であふれています。   近所の本屋さんに足を運べば、入り口からすぐの目を引く場所に さまざまな料理の本が並べられています。 「毎日 …

郷土料理 ~京都編~

京漬物 京都の上質な水と豊かな土地で育まれた京野菜で作った京漬物は、味も種類も豊富です。   聖護院蕪を使った「千枚漬け」、「しば漬け」、「壬生菜(みぶな)漬け」、すぐき蕪を使った「すぐき漬 …

郷土料理 ~静岡編~

静岡県は豊かな自然に恵まれ、名産品は 温州みかん、お茶、山葵、しらす、桜えびなど様々あります。   特に静岡県の駿河湾でしか水揚げされない桜えびは、 水揚げ量ナンバーワンの由比漁港に行くと新 …