未分類

郷土料理 ~北海道編~

投稿日:2018年6月29日 更新日:

三平汁

塩鮭の身や頭、アラと大根長ネギニンジンジャガイモなどの野菜を入れて塩で味付けする汁物が三平汁です。

魚は塩漬けした鮭の他にも、タラニシンなども使います。

昆布の出汁に鮭の旨みと野菜の甘みが溶け出して、体の芯まで温まる汁物です。

 

~鮭の栄養~

タンパク質、脂質に富んでいて、その代謝を助けるビタミンB₆が多く含まれています。

 

また、不飽和脂肪酸EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれ、カルシウムビタミンB₁、B₂、B₆Eも含まれます。

 

ちゃんちゃん焼き

鮭などの魚と玉ねぎ、人参、もやし、ピーマン、などの野菜を焼いて味噌などで味付けした北海道の漁師町の料理です。

 

~ちゃんちゃん焼きの作り方~

材料(2人分)

生鮭       2切れ

キャベツ     1/4個

玉ねぎ      1/2個

人参       1/4本

しめじ      1/2パック

バター      大さじ1

塩、こしょう   適宜

味噌だれ

味噌    大さじ3

酒     大さじ2

砂糖・みりん 各小さじ2

 

作り方

1. 鮭に軽く塩コショウをふる。

2. キャベツはざく切り、玉ねぎは幅5ミリのくし切り、人参は1㎝幅の短冊切り、しめじは手で割いておく。

3. フライパンに油大さじ1を熱して、鮭を皮目を下にして中央に並べ、周囲にキャベツ、玉ねぎ、にんじん、しめじを入れて2~3分焼く。

4. 鮭の上下を返して味噌だれを回し入れ、ふたをして約5分間、蒸し焼きにする。火を止めてバターを入れ、余熱で溶かす。

 

ジンギスカン

ジンギスカン」は羊肉を生のままもしくはタレに漬け込んで玉ねぎ、もやし、ピーマン、人参などの野菜と一緒に専用の鍋で焼く料理で、北海道の郷土料理です。

ジンギスカンには専用のジンギスカン鍋があり、南部鉄器などの鉄製で中央部分が盛り上がっています。

真ん中近くで焼いた羊肉の肉汁が溝をつたって周りの野菜にかかり、野菜も美味しく頂ける工夫がされています。

北海道へ旅行をしたら、ぜひ一度は食べてみたい料理の一つですね!

-未分類

執筆者:

関連記事

ツヤツヤのきれいな髪になるには

ツヤツヤのきれいな髪って女性はいつも憧れますよね。 でも、普段のドライヤーや美容院でのカラーリング、パーマなどで髪にダメージが、、 そんな時でも自分に合うヘアケア商品を選んで、日々お手入れをして、 き …

風邪に負けない栄養、食事は?

風邪をひいて熱が出ると、基礎代謝が増加する一方で、 食欲がなくなり消化機能も低下します。   そんな時、体力を回復させて風邪のウィルスへの抵抗力をつけるには 栄養価の高いバランスの良い食事を …

郷土料理 ~広島編~

お好み焼き 広島のお好み焼きは、鉄板の上で薄く焼いた生地に 大量のキャベツ、もやし、豚肉の順でのせてからひっくり返して蒸し焼きにします。   全国的にはお好み焼きは生地と具材は混ぜて作ります …

パソコン、スマホを長時間使う方の食事

日々スマホやパソコンなどを見続けることでストレスに晒される私たちの目。 疲れ目、近視、かすみ目、ドライアイなど様々な症状があります。   参考書や問題集を使って勉強を何時間もしたり、 会社の …

郷土料理 ~和歌山編~

めはりずし 和歌山県と三重県にまたがる熊野地方には、この地域に昔から伝わる郷土料理「めはりずし」があります。 近年は食べやすい様に小さめに作られていますが、元々のめはりずしは1個で直径10cmほどで、 …