未分類

郷土料理 ~大分編~

投稿日:2018年6月30日 更新日:

とり天

「とり天」とは、ひと口大にカットして油で揚げた鶏肉の天ぷらのことで、大分県では広く親しまれている料理です。

酢醤油とカラシで食べるのが基本ですが、他にも中華風、和風、にんにく風味など、今では各店舗によって様々な味付けで楽しめます。

 

~とり天の作り方~

材料(2人分)

鶏むね肉        300g

醤油、酒、おろしにんにく、おろししょうが  各小さじ1

塩コショウ       少々

 

卵           1個

小麦粉・片栗粉     1/3カップ

水           60ml

 

作り方

1. 鶏肉は一口大のそぎ切りにする。

2. ボウルに鶏肉と調味料(醤油、酒、おろしにんにく、おろししょうが)を入れ、もみこんで下味をつける。

3. 別のボウルに衣の材料を入れて混ぜ合わせ、鶏肉に衣をつけて180度の油で揚げる。

 

カラッと揚がったら、酢醤油とからしをつけていただきます。

 

~鶏肉の栄養~

良質のたんぱく質がたっぷりで、ビタミンB₂やナイアシンも豊富です。

また鶏むね肉は脂肪は少なく味は淡泊です。

鶏もも肉はむね肉に比べてかたく、筋があり脂肪も多く含みますが、コクのある味で煮物や焼き物に向いています。

 

だんご汁

だんご汁は麺状に細く手延べしただんごに里芋、椎茸、大根、ゴボウ、人参などの山の幸を加え、味噌仕立てにしたものです。

 

米が不足していた時代、主食替わりに食べていた食べ物で、昭和30年代までは各家庭の日常的な食べ物だったようです。

 

シンプルですが栄養満点の大分の郷土料理です。

 

 

りゅうきゅう

「りゅうきゅう」とは、アジ、ブリ、サバなどのお刺身を醤油ダレに漬けこんで、煎りごまやネギを混ぜた大分の郷土料理です。

 

名前の由来はいろいろな説があるようですが、沖縄(琉球)から鹿児島を通って鯖漁の多い大分に伝わった調理法というのが一般的のようです。

 

~青魚の栄養~

青魚とはアジやサバなどのように、背中が青くて、赤身の魚のことをいいます。

 

青魚には不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。

日常の食生活の中で積極的に青魚を取り入れるといいですね!

-未分類

執筆者:

関連記事

貧血の時はこんな食事を

「身体がだるくて疲れやすい、、。」 「動悸や息切れもするし、、。」 そんな体の不調は、貧血が原因とも考えられます。   貧血は血液中のヘモグロビンが減少することで起こります。 なかでも「鉄欠 …

郷土料理 ~山梨編~

ほうとう 幅広の平打ちうどんとかぼちゃ、ねぎやしいたけなどの野菜を味噌ベースの汁で煮込んだ麺料理です。 うどんを生麺の状態からゆっくり煮込むことで、汁にとろみがついて冷めにくいという特徴もあります。 …

郷土料理 ~金沢編~

石川県には金沢をはじめとする加賀地方で発展してきた「加賀料理」があります。 海と山に恵まれた石川県は、日本海からの新鮮な魚介類、白山からの美味しい水や山や平野で採れる加賀野菜など様々な自然に恵まれてい …

キャンプ料理 ~ホットサンド~

「ホットサンド」はキャンプ場で泊まった日の翌朝には、手軽に作れて美味しい朝食の一つです。   すがすがしい朝に温かいコーヒーと香ばしく焼けたホットサンドは身も心も温まります。   …

郷土料理 ~京都編~

京漬物 京都の上質な水と豊かな土地で育まれた京野菜で作った京漬物は、味も種類も豊富です。   聖護院蕪を使った「千枚漬け」、「しば漬け」、「壬生菜(みぶな)漬け」、すぐき蕪を使った「すぐき漬 …